FC2ブログ

個人民事再生

住宅ローン条項付個人民事再生
 知人からの紹介で、個人民事再生手続の書面作成を、行っていたお客様について、再生手続を断念し、自宅を売却債務完済を、することとなりました。
 ほとんどの書面を作成し、提出する直前だったのでとても残念です。
 理由は、家族の反対と予想外の財産出現でした。
 個人民事再生の場合、債務総額の5分の1,あるいは100万円という最低弁済額のしばりの他、清算価値保障原則という決まりがあります。
 これは再生債務者が所有している財産以上は弁済しなければならない、という原則です。簡単にいえば破産したときよりも多くの金額を弁済しなければならないという事です。
 裁判所へ提出する書面には、財産額を計算する清算価値算出シートというものがあります。ここに財産を記入して計算します。
 財産というのは、退職金見込額(計算上は8分の1のみ算入)、現金、預金、過払い金、保険の解約返戻金、不動産、自動車等です。
 今回のお客様は、住宅ローン条項を使う予定でしたので、不動産(住宅ローンの残高を、差し引いた価値を算入)は当然保有していました。その他に生命保険の解約返戻金がありました。
 当初、解約返戻金は60万との事でした。ところが提出直前に再度取寄せたところ130万あまりになっていたのです。
 保険会社では事務上の誤りと話すだけでらちがあきません。最低弁済額が70万円も増えると、毎月の返済額は2万円あまり増えます。
 奥様から離婚も要求されたとの事でしたので、お気の毒ですが、知り合いの不動産会社に自宅を買い取って頂く事としました。
 債務の返済、今後の転居費用等もあるため、当初提示された金額では足らず、結局200万あまりも高く買って頂く事になりました。
 皆様に迷惑を、お掛けしてしまい反省する事しきりの、大型連休でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

メタボスキーヤー

Author:メタボスキーヤー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR