印鑑証明書の期限について

 登記業務で、個人が提出する、印鑑証明書の期限についてよく質問を頂きますので、自分の頭を、整理する意味で簡単にまとめてみます。

 商業登記
 個人の印鑑証明書添付が求められるのは、取締役(取締役会非設置会社)代表取締役、就任時、あるいは株主総会議事録、取締役会議事録への添付書面としての場合が多いかと思います。
 この場合印鑑届出を出す代表取締役については、作成後3ヶ月以内との期限があります。
 それ以外の方についていえば、期限がありません。
 
 不動産登記
 権利を失う方(登記義務者)が添付する印鑑証明書は、作成後3ヶ月以内との期限があります。
 相続登記等で使用する、遺産分割協議書等に添付する印鑑証明書については期限がありません。
 (ちなみに不動産相続登記に添付する戸籍についても期限はありませんが、銀行、証券会社等の場合は、それぞれ期限を定めています。ちなみに仙台に本店のあるS銀行様の場合、相続人(相続権のある人)については、3ヶ月以内とのことです)
 第三者の承諾書等に添付する印鑑証明書については期限がありません。

 所有権を取得する場合に添付する住民票、戸籍附票についても期限はありません。

 私が経験したものでは、20年前の戸籍、分割協議書で申請したことがあります。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

メタボスキーヤー

Author:メタボスキーヤー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR