遺言について

 遺言書については、よく相談を頂きます。遺言書自体は、それ程難しい書面では無いと考えています。(自分が知っているからそう考えているのであれば、良くないですね・・少し反省)
 方式や、要件については、HPを見ていただくとして、むしろ問題点はその背景(親族関係、相続人間の利害)を、どう考えるかにあります。
 我々はどうしても、形式や方法などについてこだわる傾向がありますが、むしろ大切なのは遺言が効力を生じた後の事に対する想像力ではないかと思います。
 遺言書で、多いのはお世話になった知人、相続人等へ全てを、遺贈、相続させるというものです。これは遺言する方の心情としては良く理解できます。
 しかし、このような遺言は、効力発生後、相続人間、相続人と受遺者(遺贈を受ける方)間で、トラブル(遺留分減殺請求や、遺言無効訴訟)になります。
 相続人には、自分はそれ程ではないが、被相続人の面倒を見たと思っている方が多いようです。又、幾ら面倒を見ていないといっても、全くなしには納得しないようです。
 そこで数パーセントでも良いので、相続人全員へ遺産がいきわたるように記載してみては如何でしょうか?
 遺言書には何故そのような遺言をするのかとともに、相続人間、相続人、受遺者間で仲良くして欲しいこと、そのためにこのような配分にしたことを記載しておけば、残された人にとっても、気持ちがわかりトラブルの防止となるのではないでしょうか?
 どうしても渡したくないという方は、遺産を受けた方が、その後トラブルに巻き込まれる予防措置だと考えてみて下さい。
 


スポンサーサイト
プロフィール

メタボスキーヤー

Author:メタボスキーヤー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR