消滅時効

ここ数ヶ月、消滅時効が完成していると思われる、債権請求事件の御相談が増えています。
貸金の商事消滅時効は、最後の弁済期から5年ですが、本日(日曜日なので、ちょっと躊躇しましたが気の毒なので、出てきました)相談にみえたお客様は、既に11年が経過していました。
それにもかかわらず、請求の訴状が届き、驚いていました。
請求しているのは、債権回収会社(サービサー)が、多いようです。
答弁書の作成を、お約束してお帰りいただきました。
今度は、ほっとして涙が出ていました。
先月は消費者金融のアイフルからの請求相談が3件ありました。
(こちらは時効援用通知の内容証明郵便で、対応致しました。)
法的に請求する事は問題無いのですが、一般の方は驚いてしまうでしょう。
消滅時効については、援用が必要ですので、相手方に連絡する前に御相談を、お願いしたいものです。
(重要な事なので、他にも記載してあります)
スポンサーサイト

動産譲渡担保

今月初め、知人の信用金庫支店長から、動産譲渡担保のご依頼を頂きました。
以前にも一度登記をしているのですが、だいぶ時間がたっておりかなりの部分忘れておりました。
今後の備忘録として簡単にまとめてみます。
動産譲渡担保は、大きく分けて、個別動産を目的とする場合と、集合動産を目的物とする場合があります。
対象は法人所有の動産だけです。
(個人はできません)
又、登録車両等は、登録されている場合対象となりません。
(登録車両の場合譲渡担保の対抗要件取得には、陸運で名義変更を、行う必要があります)
動産譲渡の登記は、東京法務局のみで受け付けており、即時に登記する必要性から、補正処理はできません。
つまり間違えれば則却下となります。
そのため申請書には取り下げ書を添付し、書類を確保するようにします。
申請方法はオンラインと書面、そして事前データ提供による3つの方法があります。
(保全のためには、書面を東京法務局へ持ち込むのが良いと、書士会の研修で説明を受けた記憶があります。)
今回は個別動産で、個々の動産につき製造番号を記入する必要があり、個々の納品書と照合の上申請しました。
設定者の代表が入院中で、意思確認、書面の準備などもあった為事前データ提供による方法で行いました。
申請前には既に登記がなされていないことを、確認するため概要書(これは仙台法務局で取得できます)を取得し。
登記終了後には登記事項証明書(東京法務局でしかとれません、しかも委任状、印鑑証明書が必要)を、取得します。
何とか無事に終わり、ほっとしています。
ちなみに添付書面は、印鑑証明書、資格証明書、委任状です。
登録免許税は7500円、
当事務所の報酬は、基本6万円です。
(今回は動産数が多いので、少し多めに頂きました)

宝満山

竈神社

続きを読む

週末、栗駒山へ行ってきました。

雨が続いていたので、土が乾いていそうな栗駒山へ行くことにしました。

しかし、雨。

中間地点で既に雨。
CIMG0582.jpg


山頂も雨。
CIMG0583.jpg



降りてきたら、晴れ。
CIMG0584.jpg




先週日曜日、不忘山へ行ってきました。


投票してからスタートしたので、山頂についたのは13時頃。
少し寒い。
不忘山

山頂のウスユキソウ。
けなげできれいです。
ウスユキソウ


有名な不忘の碑。
お祈りしてきました。
不忘の碑


縁起のいい名前のカエル岩。
無事帰りました。
カエル岩






プロフィール

メタボスキーヤー

Author:メタボスキーヤー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR